メインでもカウンターでもない、タダの不定期日記

BLUE DROP~天使達の戯曲~ #13 【最終回】 

BLUE/蕾-bleu dreams-BLUE/蕾-bleu dreams-
(2007/10/24)
Suara

商品詳細を見る


年を越えてしまったけど、
色々聞いていた前評判に反して
よいアニメだったと思います!!

BLUE DROP~天使達の戯曲~ 最終回!!
みっちーの演劇と
聞いてしまった戦争の話

それに悩むみっちーですが
マリと萩乃の姿を見て何か吹っ切れたような・・・


やはり始ってしまった戦争
シバリエルはBLUEの破壊を狙う。
同時にマリも狙っているようです。
ただ、戦闘が始ってもツバエルは
せめて学園祭、舞台が終わるまでは
そういって粘ります。

ただその努力もむなしく、
学園にも戦闘の火が・・・
結局舞台はムチャクチャに。

そのすべての責任を認め
萩乃は姿をさらして戦闘へ・・・
もう一度会えるよねと問うマリに
さよなら
そう告げてその場を去る。

萩乃に裏切られたと思う面々に
そんなはずがないというみっちー。
「スパイなんかじゃない!!」

BLUEに戻った萩乃ですが
戦況は非常に悪い・・・
ですが、やっぱり味方なアザナエル登場w
撃つ敵を見据えたアザナエルはカッコイイ!!

出力問題もクリアしたBLUE
出撃を控えたその船の前に
マリが現れます。
映像のみがブリッジに見えますが
音までは聞こえない。
その彼女の近くへカモメが・・・
届いた音声
「まだ終わってないから!!」
舞台のこと・・・そしてその台詞を・・・
泣きながら出撃するBLUE、
その戦艦は徐々に消えていきました。

戦況は不利、
アザナエルは戦線離脱
勝利を目の前にしたシバリエル

萩乃はそのとき、ありがとうと
ツバエルをBLUEから強制離脱!!
叫ぶツバエルを見送り、
一人でBLUEは単騎、シバリエルの前に突撃!!
突然現れた戦艦の特攻!!
そして・・・


ちゃんと完結しました。
結末どういう話になるのかと思いましたが・・・
別れのシーンと舞台のリンク、
ツバエルの叫び・・・
終始丁寧だったなという作品です。
間違いなく雰囲気が百合なので
好き嫌いははっきりしてしまいそうですが
もっと人気があってもいいんじゃないかという
そんな気はします。
面白かったです、登場人物も少ないですが
作品の短さもありますし
まとめるならこれくらいだと思います。


最後が悲しいのは予想済みでしたが
やっぱりそうなりました・・・
舞台が最後まで出来なかったのは悲しい・・・(T_T)

評価は・・・顔が赤いのは
ちょっとどうかなとか思うのですが
それを除けば十分良作だと思います^^


スタッフのみなさまお疲れ様でした!!
また記事に付き合っていただいた方に感謝を^^


オシマイ
にほんブログ村 アニメブログへにほんブログ村 イラストブログへ

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL (クリックで全選択できます)


開始された異星人の総攻撃。 海鳳祭で戯曲『オルレアンの少女』が開幕…。 舞台が終わるまでは、ツバエルは一人BLUEで応戦に出るが――...
プロフィール

雅剛(旧K.K.)

雅剛(旧K.K.)

カウンター
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29